毎年恒例のドラフト会議。

当たりくじを引いて大喜びする監督もいれば、ハズレくじを引いて落胆する監督もいます。

今年は特に大阪桐蔭の根尾、報徳学園の小園、甲子園で大人気だった金足農の吉田と豊作で指名が競合することは必至でした。

そんな中、今回のドラフトで成功したのはどの球団でしょうか?

また、惜しくも補強に失敗してしまった球団はどこでしょう?
気になったので詳しく調べてみました。

 

ドラフト会議2018年の評価~セリーグ編~

ベースボール

中日ドラゴンズ

中日は今ドラフトの最大の目玉、大阪桐蔭の根尾昂遊撃手の獲得に成功!

あの名手立浪和義も求める逸材を4球団競合の末に見事に交渉権を得ました。

しかも根尾は地元の岐阜県出身。球団人気にも影響すること間違いなしです!

 

2位はローテーション候補として考えられる東洋大の梅津晃大投手を指名。

今後の育成次第でエースとなりえる逸材です!

 

3位でも三菱重工名古屋の勝野昌慶投手を獲得。

根尾と同じく地元出身で貴重なリリーフとして計算ができる選手です!

 

大の目玉である根尾に加え、将来性の高い選手を複数獲得した中日は文句なしに大成功したと言っていいでしょう!

広島東洋カープ

セリーグ3連覇の王者広島カープ。

広島は今回のドラフトのもう一人の目玉、報徳学園の小園海斗遊撃手を4球団競合の末に獲得!

さらに、3位でも智弁和歌山の強打のサード、林 晃汰を指名。

広島の内野手はFAが控えている選手が多く若手が不足しているため、この二人の獲得は大きいです!

 

ただ、投手陣は野手陣に比べ、物足りない印象。

広島は投手陣が若干弱いため、もう少し即戦力の投手が欲しかったですね。

横浜DeNAベイスターズ

あと一歩のところでBクラスに沈んだDeNA。

ハズレ1位とはなりましたが、絶対に補強したかった先発右腕として、即戦力として計算のできる東洋大の上茶谷大河投手を獲得。

3位でも今シーズン不振に陥った先発の補強として、新日鉄住金鹿島の大貫晋一投手を指名することができました。

課題であった先発投手を補強できたのは非常に大きいです。

 

ただ、2位で立正大の伊藤裕季也二塁手を指名しているのは少し疑問が残ります。

横浜の内野陣は悪いとは言えないだけに、2位で指名する必要はなかったようにも思います。

とはいえ、先発投手の獲得が大きいので、全体的には及第点と言えるでしょう。

読売ジャイアンツ

成績不振により高橋由伸監督が辞任した巨人。

初仕事となった原監督は1位で目玉の根尾を外し、2度目の抽選も失敗。

結局1位指名したのは、八戸学院大の高橋優貴投手でしたが、高橋投手の速球は左腕の中では今ドラフト最大と言ってもいい威力を誇ります。

 

2位では巨人にぴったりと言えるスター性を持ったキャラクターの明秀日立の増田陸遊撃手を獲得。

今後の活躍次第では球界のスターになれそうです。

 

ただ、1位の高橋投手以外はすべて高校生を指名する形となり、偏った印象を受けます。

即戦力の選手が少なく、やはり一位で根尾を外したのは誤算だったでしょう。

ヤクルトスワローズ

ヤクルトも1位指名では2度抽選を外しましたが、即ローテ入りが期待できる国学院大の清水昇投手を1位で獲得。

2位でも強打者、法政大の中山翔太一塁手を指名。山田哲人、バレンティン擁する強力打線に新たな大砲が加わります。

3位は早い段階での活躍が期待できる高校生、明徳義塾の市川悠太投手。

 

全体的に堅実な指名という印象は受けますが、補強というより今の戦力と競合するような選手を獲得する結果となり、やや物足りない結果だと、個人的には思います。

阪神タイガース

最下位からの巻き返しを図る阪神。

1位指名は大阪ガスの近本光司外野手で、走力のあるいい選手であることは間違いないのですが、「1位ではなくともよかったのでは?」という印象です。

阪神の外野手は糸井、福留など、かなりのベテランが多いのでどうしても外野手が欲しかったのは理解できますが・・・

 

さらに、2位で延岡学園の小幡竜平遊撃手、3位でもHONDAの木浪聖也遊撃手を指名。

2人連続で同じポジションの選手をとる必要があったのでしょうか?

補強ポイントではあると思いますが、疑問が残る指名となりました。

 

ただ、ぜひ3選手とも阪神の希望通りに活躍してほしいですね!

 

次はパ・リーグ編です。

ドラフト会議2018年の評価~パリーグ編~

ベースボール2

福岡ソフトバンクホークス

今シーズンも日本シリーズに進出した12球団最高の戦力を誇るソフトバンク。

抽選で2度外してしまいましたが、東洋大の甲斐野央投手を1位指名することに成功。

甲斐野はリリーフとして計算できるアマチュア球界最速投手です。

現状、サファテが故障で離脱しているので、十分すぎる補強と言えるでしょう。

 

2位でも今ドラフト屈指の投手で、将来のエース候補である三菱重工広島の杉山一樹投手を指名し、さらに3位でも松田依存で若返りを計りたいサードを守れる強打者、早稲田実業の野村大樹三塁手を獲得。

 

抽選を外しはしましたが、大成功と言っていいでしょう。

ただでさえ強いソフトバンクがまたさらに強くなりますね笑

東北楽天ゴールデンイーグルス

1位指名で目玉の一人であった大阪桐蔭の藤原恭大外野手を逃しましたが、4球団競合の立命館大の辰己涼介外野手を獲得したため、十分な代役を得ました。

ただ、楽天は外野手が比較的そろっているため、1位で狙う必要があったのかは疑問です。

 

2位では大商大の太田光捕手を獲得し、ベテランの嶋基宏の後継者となれる逸材を手にし、3位でも将来のエース候補となれる倉敷商の大型投手、引地秀一郎投手を指名することに成功。

 

いい選手を獲得したのは間違いないのですが、下位に低迷しているだけに、もう少し投手を優先してもよかったのではないかという印象を受けます。

千葉ロッテマリーンズ

ここ数年低迷している千葉ロッテですが、1位指名で今回の目玉の一人である大阪桐蔭の藤原恭大外野手を獲得することに成功!

ロッテは大砲が手薄なだけに、藤原の獲得はとにかく大きいです。

 

さらに2位でも手薄なリリーフ陣を補強できる日体大の東妻勇輔投手を指名し、同じく補強ポイントであった左投手で即戦力となる六大学野球のエース、早稲田大の小島和哉投手獲得することに成功!

 

現在のチーム事情にマッチした的確な補強ができたと言えるでしょう!

埼玉西武ライオンズ

今シーズンの王者西武。

1位で日体大の松本航投手を単独指名することに成功し、メジャーに挑戦する菊池雄星の穴を埋める即戦力投手を獲得することができた。

2位でも将来のエース候補となりうる地元埼玉出身、浦和学院の渡辺勇太朗投手を獲得し、3位でも浅村のFA移籍に備え、即戦力となる三菱自動車岡崎の山野辺翔二塁手を指名することができました。

 

主力選手の流出をどれだけ補えるかはわかりませんが、ロッテ同様チーム事情にマッチしたいい補強ができていますね!

北海道日本ハムファイターズ

これまでダルビッシュ、斎藤佑樹、清宮幸太郎など、スター選手の指名を次々に成功させてきた日本ハム。

今年も根尾昂遊撃手を外したものの、甲子園で大スターとなった金足農業の吉田輝星投手を獲得して見せました

吉田投手はマウンド上以外での活躍も期待できますね。

 

2位も花咲徳栄の強打者、野村佑希内野手を獲得し、3位でも即戦力として計算のできる日本通運の生田目翼投手の指名に成功しました。

 

日本ハムらしい指名となり、スターの獲得だけでなく広範囲での補強ができただけに大成功と言えるでしょう!

オリックスバッファローズ

近年低迷しているオリックス。

明言していた小園遊撃手は外しましたが、同じ遊撃手であり、守備と打撃が魅力の天理の太田涼遊撃手を獲得し、見事に穴を埋めました。

2位でも亜細亜大の頓宮裕真捕手を指名。

キャッチャーとしては使うことができず、コンバート前提ではありますが、アマチュア球界ナンバーワンの強打者です

 

打撃が課題であったオリックスにとって、この2人の補強は大きいでしょう。

納得のいく指名と言えそうです。

 

次に12球団のドラフト結果のランクを見ていきましょう。

ドラフト会議2018年の評価ランク

黒板ランク

個人的に12球団のドラフトの結果をランク付けしてみました。

 

Aランク(成功)

中日ドラゴンズ

福岡ソフトバンクホークス

千葉ロッテマリーンズ

北海道日本ハムファイターズ

 

Bランク(普通)

埼玉西武ライオンズ

東北楽天ゴールデンイーグルス

オリックス・バファローズ

横浜DeNAベイスターズ

 

Cランク(物足りない)

読売ジャイアンツ

ヤクルトスワローズ

阪神タイガース

 

こうやって見てみると今季のドラフトで成功した球団はほとんどがパ・リーグですね。

しかも強い球団はさらに強くなった印象を受けます。

この結果を見ていると、大リーグのように下位のチームが優先して指名できる制度があってもいいような気がしてきます。

今季最下位の阪神が補強に失敗しているのは痛すぎると思いますし・・・

ドラフト会議2018年の評価のまとめ

根尾や小園、吉田各選手が注目された今ドラフトですが、1位指名されたスター選手が活躍するとは限らず、下位指名された選手が大活躍する可能性があるのが、プロ野球の世界です。

あのイチロー選手ですら4位指名でしたよね。

どの選手が活躍するかはふたを開けてみるまで分かりません。

来シーズンは今回ドラフトがうまくいかなかった球団、Bクラスに入ってしまった球団の巻き返しに期待しましょう!

 

サッカー日本代表、プロ野球、ドラマなど今流行りの話題について知りたい方はこちら

この記事を書いた人

ゆーま
スポーツ観戦好きな30代です。
好きな選手は上原浩治、遠藤保仁。
プロ野球はベイスターズファンで、来期の巻き返しを期待しています。